トレーニングコース

INTER-Mediatorの開発手法を演習形式で自習するトレーニングコース『INTER-Mediator Training Course』を用意しました。コースには自習のための実行環境、VM(Virtual Machine)が付属します。また、Webシステム開発に必要な知識についても、記事として読めるよう構成しました。開発手法を効率的に学習したい方には最適な電子書籍です。

INTER-Mediatorでの開発手法を学習する

『INTER-Mediator Training Course』はINTER-Mediatorの開発手法を効率的にしっかり学習したい方に向けた、自習用のテキストと演習用実行環境のセットです。Webサーバー機能、MySQLデータベースのエンジン、MySQLおよびFileMakerのサンプルデータベース、FileMakerサーバーへの接続機能など、一式を全てまとめてあります。

効率的な学習のための素材

INTER-Mediatorはオープンソースなので情報は基本的に公開しています。したがって、ソースコードを解読すれば全てを習得可能ですが、困難な道のりです。そこで、INTER-Mediatorの学習を効率的に行いたい方向けに最適な、本コースを用意しました。本コースでは、データベース連動のWebページを構築する手法を解説するとともに、INTER-Mediator-ServerのVMを利用しながら実際のシステムを動作させながら演習を進められるよう整備しました。開発作業を実地検証できるため、より深く学習できます。演習を終えて自分なりの開発に発展させたいとき、このVMを使うことで、本番通りのテストが行えます。

電子出版物として提供

本コースは、日本語で記述されたePub形式の電子出版物です。2015年より執筆を開始し、2016年7月にVer.5.4ベースでの内容で完成させました。今後の機能追加や大幅なバージョンアップに伴い、随時改定する予定です。レイアウトに関してはOS X/iPadの「iBooks」で確認しながら制作を行いました。他のePubビューアでも読めるはずです。演習には、PCないしはMacがあれば、一連の素材はダウンロードして入手していただけます。なお、FileMakerをご利用の場合は、ソフトウェアのライセンスは読者自身でご用意ください。

執筆体制

執筆は、INTER-Mediatorのコミッタである新居雅行が行っています。また、監修および編集作業は、INTER-Mediator Directive Committeeのメンバーでもある林伸夫が担当しています。

監修者紹介

林伸夫(はやしのぶお)。1949年10月14日、山口県生まれ。1972年大阪大学基礎工学部制御工学科(現情報科学科)卒。富士通、スイングジャーナル社を経て、1982年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。91年3月日経パソコン編集長、91年10月日経BPシステムラボ室長兼務、92年10月より日経MAC編集長。2006年4月、フリーに転身後、迷えるインターネットユーザー、Macユーザーに役立つ情報を提供中。

著者紹介

新居雅行(にいまさゆき)。フリーランスとして、システム開発、コンサルティング、トレーニングを主業務とする。iOS、Mac OS X、サーバー、データベース、FileMaker、Webアプリケーションが主なフィールド。Webアプリケーションフレームワークの「INTER-Mediator」の開発者。代表的な著作は1990年代の「Macintoshアプリケーションプログラミング」(ディ・アート刊)、近著に「FileMaker as a Relational Database」(自費出版)などがある。App Storeの公開初日より「郵便番号検索」をフリーで配布中。京都工芸繊維大学大学院修了、国立情報学研究所のトップエスイー修了、電気通信大学大学院修了、博士(工学)。アップル認定トレーナー、アップル認定システムアドミニストレータ、マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト。

購入方法

価格は5,400円(税込)です。購読期限等はありません。読者の方は、原則として、今後の更新結果はすべて無償でダウンロードしていただけます。

新居雅行の書籍販売サイトで、「新規登録」をクリックするなどして、新たにアカウントを作成してください。もし、すでにアカウントがある場合にはそのアカウントをご利用ください。

メンバーページでログインをすると、購入に関するご案内がありますので、そちらでご購入をお願いします。購入すると、ダウンロードのリンクが表示されますので、クリックしてダウンロードしてください。クレジットカードでのご購入に対応しています。

可能な限りクレジットカードでのご購入をお願いします。請求書等、どうしても異なる手法での支払いが必要な場合には、新居雅行までご連絡をおねがいします。連絡先は、こちらののページに記載されています。

内容の紹介

以下は本コースの目次です。書籍の更新は、読者の方々にメールでお知らせします。

å